1. トップ
  2. 家事
  3. メイン食材2つで簡単!「なす×ひき肉」おかず4品

メイン食材2つで簡単!「なす×ひき肉」おかず4品

2018/08/10【 家事 】

火の通りが早く、時短調理に便利な「ひき肉」。そこに、旬を迎えた「なす」を組み合わせてみましょう。 この人気コンビは、煮ても焼いても、もちろん揚げてもおいしいんです!

〈調理を始める前に〉
●IHクッキングヒーターをご利用の場合は、各メーカーが指定する油量を守って調理してください。詳しくは取扱説明書をご確認ください。
●電子レンジの加熱時間は、600Wの場合の目安です。500Wの場合は、1.2倍の時間で加熱してください。その他の場合は、メーカーにお問い合わせください。
●電子レンジで液体を加熱するとき、沸点に達していても、沸騰しないことがごくまれにあります。この状態の液体が、ちょっとした刺激で急激に沸騰を起こし、液体が激しく飛び散ることがあります(=突沸現象)。やけどの原因になりますので、ご注意ください。
●調理時間は目安です。漬け込む時間、さます時間は、含みません。

麻婆なす風

人気の中国風おかずが味つけ一発!

【材料(4人分)と作り方】
調理時間:15分
1. 切る
なす4個は縦6~8等分に切る。

2. 炒めて煮る
フライパンにサラダ油大1を中火で熱し、豚ひき肉400gを炒め、ぽろぽろになったらなすを加えて炒める。なすに油がなじんだら焼き肉のたれ150ml、水150mlを加え、煮立ったら弱火にして4~5分煮る。片栗粉大1½ を同量の水で溶いた水溶き片栗粉を加え、とろみをつける。

なすのひき肉はさみ天

ビールを飲みたい日の主役おかず兼つまみ。

【材料(4人分)と作り方】
調理時間:18分
1. なすで肉だねをはさむ
豚ひき肉300gにおろししょうが大½ 、めんつゆ、片栗粉各小2を加えてよく混ぜる。なす4個は厚さ1㎝の輪切りにし、2枚1組にして肉だねをはさむ。

2. 揚げる
天ぷら粉150g、水1カップを混ぜてころもを作り、1をくぐらせて高温(180℃)の揚げ油適量で揚げる。めんつゆ適量を希釈して天つゆを作り、添える。

※めんつゆは3倍濃縮タイプを使用しています

レンチンなすのそぼろのせ

やる気が出ない日はALLレンジで手間なし。

【材料(4人分)と作り方】
調理時間:15分
1. なすをレンジ加熱する
なす6個は縦半分に切って皮に格子状に切り目を入れる。耐熱皿に並べ、ラップを掛けて電子レンジで約4分加熱し、器に盛る。

2. ひき肉をレンジ加熱する
耐熱ボウルに、豚ひき肉400g、ポン酢しょうゆ大4を入れて混ぜ、ラップを掛けて電子レンジで3分加熱する。全体を混ぜ、再びラップを掛けて電子レンジで2分加熱する。1にかけ、あれば貝割れ菜適量をのせる。

なすボートのみそマヨそぼろ

ボート形で食卓が華やかに♪

【材料(4人分)と作り方】
調理時間:15分
1. そぼろを作る
なす4個は縦半分に切り、中をスプーンでくりぬき、くりぬいたものは粗く刻む。フライパンにマヨネーズ小2を中火で熱し、豚ひき肉250gを炒め、ぽろぽろになってきたら刻んだなすを加えて一緒に炒め、みそ大2を混ぜる。

2. 焼く
なすの皮に1のそぼろを詰め、マヨネーズ適量をかけてオーブントースターでこんがりと焼く。

安価な「ひき肉」を使った料理は、お財布が寂しくなる給料日前にもおすすめですよ。ぜひ食卓に取り入れてみてください。

●教えてくれた人……
・ほりえさちこさん
料理研究家。13歳の男の子の母。祐成陽子クッキングアートセミナーでアシスタントを経て独立。おべんとうからおうちごはんまでさまざまな分野の料理を提案する。

・齋藤真紀さん
料理研究家。16歳の男の子の母。製菓専門学校を卒業後、料理の道へ進む。ガッツリ系の料理から繊細なお菓子まで、幅広いレパートリーを持つ。

参照:『サンキュ!』8月号「夏野菜×特売肉 ほぼ15分おかず 取り外しポスター」より。掲載している情報は18年6月現在のものです。調理/齋藤真紀、ほりえさちこ 撮影/鈴木泰介 構成/RIKA 取材・文/春日井富喜 編集/サンキュ!編集部

『サンキュ!』最新号の詳細は こちら!

家事の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

家事の新着記事も見てね

AND MORE

家事の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP