1. トップ
  2. ライフスタイル
  3. 子どもの教育費、貯めてる人は約9割!みんなの本音は…

子どもの教育費、貯めてる人は約9割!みんなの本音は…

2018/06/19【 ライフスタイル 】

CONTENTS

子どもの教育費、貯めてますか?主婦400人に聞いたところ、約9割が「貯めてる」と回答。しかし「もっと○○しておけばよかった」という声も。教育費に関するリアルな声を集めました。

教育費を貯めていますか?に対して約9割が「貯蓄している」

子どもの将来の教育費のための貯蓄

「子どもの将来の教育費のため貯蓄してますか?」の質問に、88.4%の人が「している」と回答。児童手当、学資保険、積立貯蓄など、方法はさまざまですが、定期的に積み立てているという人がほとんどでした。

子どものための貯蓄での、成功&失敗談は?

子どものための貯蓄をしていてよかったと実感したこと、していなくて後悔したことを聞いてみました。

<しておいたよかったこと>

「生まれてから児童手当をずっと貯めていたので、入学などまとまったお金が必要なときはそこから使えました」

「子ども用の通帳を作っておいたので、習い事代をそこから引き落としてます」

「子どもが歯列矯正が必要になりました。想定していた用途とは違いましたが、子ども貯蓄をしておいてよかったです」

「定期積金で公立高校の入学諸費用をまかなえました」

<してなくて後悔したこと>

「出生後すぐに学資保険に加入しておけばよかったです。入ろうと思ったときはすでに年齢制限を超えてしまってました」

「保育園に入れるつもりが私立幼稚園に通うことに! 少し貯蓄をくずすことになってしまいました」

「中学入学時に予想以上にお金がかかりました。入学後も部活の物品購入があり大変でした!」

始めるなら早めに! 予想外の出費に備えるのも大事

ほとんどの人がきちんと貯蓄をしているものの、期せずして私立に入ることになったり、部活でお金がかかったりなどなど、子育てには予想外の出来事がつきものです。
なかには妊娠前から貯蓄していたという人もいました。子どものための貯蓄はなるべく早く、貯められる時に貯めておいたほうがよさそうですね。

(文・田谷峰子)

*サンキュ!モニター400人アンケート調査 2018年3月実施

ライフスタイルの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

ライフスタイルの新着記事も見てね

AND MORE

ライフスタイルの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP