1. トップ
  2. リビング
  3. 小さな片づけで見た目“大きく”整う4つのコツ

小さな片づけで見た目“大きく”整う4つのコツ

2017/03/21【 リビング 】

「片づけたい!」「家をスッキリさせたい!」と願うとき、大量に物を捨てたり大掃除したりしなきゃいけないと思いがち。でも、ふだんなにげなく使っているものや持っているものを少し見直すだけで、生活はグッと便利になるものなんです。そんな、ほんの小さなアクションだけで、家の中の見た目が大きく整う片づけのコツをお伝えします。


<小さな片づけ1>
よく使うものは数を3つにしてみる
整理収納の世界では「3」は最も覚えやすい数字と言われています。物の数や収納のジャンル分けは「3つ」にすると、持ち物が自然と管理しやすくなります。
【効果】
□ 量が把握しやすくなる
□ 収納スペースがコンパクトになる
□ 自然と質がよいものが残る


例えば・・・
書類ボックスを3つにするとデキる妻になる

書類系は細かく分類すればするほど、自分でも何をどこにしまったかわからなくなって管理が大変。大まかに分類するのがコツです。その際、人別より「提出物」「確定申告用」「保管」など、作業ごとに分けるとより管理しやすくなります。


靴下を3足にするとおしゃれになる
よく着る服に似合う靴下のデザインは、3パターンもあれば充分。靴下だけ見て「かわいい♡」と思っても服と合わないものを無理やりはけば残念な1日に。どんな服にも合う紺や白など、ベーシックな色柄だけならいつだっておしゃれ!


<小さな片づけ2>
家族が使うものはトレーに置いてみる
じか置きするとその周辺にもついつい物を置きたくなってしまいます。トレーに置けば「置くのはこの中だけ!」とエリアが限定され、物の定位置も決まります。
【効果】
□ なんかスッキリして見える
□ さっと持ち上げて掃除しやすい
□ 使ったあと家族が戻しやすい


例えば・・・
調味料を置くとイライラが減る
調味料は液垂れなどで容器の底がベトベトになりがち。汚れをトレー内だけに抑えられれば掃除の手間から解放されます。


DM類を置くと家族仲がよくなる
例えば箱だと収容力がありすぎて、DM類がたまる一方に。浅さが自慢のトレーならたまることも防げるので、大事なものを紛失したりあふれたりで家族をムダに責めたくなる気持ちも防止できます。封を開けるのに使うはさみを一緒にセットしておくのもオススメ

_T3C1247.jpg

<小さな片づけ3>

同じ場所にしまうものは色をそろえてみる
人は目に入る情報を常に処理しているので、色がガチャガチャしていると心がざわつきやすくなります。心が落ち着けば片づけもはかどるというもの!
【効果】
□ なんかセンスよく見える
□ 買い物に迷わなくなる
□ 気持ちが落ち着く


例えば・・・
キッチンツールをそろえると下ごしらえが好きになる
道具の色をそろえるだけで統一感が生まれ、スッキリ片づいた印象に。キッチンが整うことで、面倒な作業もおっくうじゃなくなり、やる気がアップ。収納したときの見た目もキレイなので、キッチンを美しく保とうという意識も高まるはず♪


タオルをそろえると家中が美しくなる
家の中で1カ所だけでもキレイに整うと、ほかの所も連鎖反応的に片づけたくなるもの。タオルをそろえるのはいちばん簡単で見た目の満足感も高いのでオススメ。洗面所が整理されれば、次はキッチン……と家中を片づけたくなるはず。


<小さな片づけ4>
やたらと数が多いものはキャラかぶりをなくしてみる

便利な世の中になった一方で、家の中には実は同じような用途のアイテムが存在していることが多いもの。そこを整えるだけで一気に物が減ります。
【効果】
□ 家中の物の数が減る
□ 出すのもしまうのもラクになる
□ よけいな物を買わなくなる


例えば・・・
鍋は便利なサイズだけ残せば時短になる
「あれば便利」と用途別に鍋をたくさん持つのは、出し入れしづらく、かえって調理の邪魔に。フライパンは炒めものも揚げものもできる深いもの1つにしぼるなど、「よく使うサイズ」に厳選して。調理中の動きもグッとスムーズになります!


時計の数をしぼれば信頼される人になる
家のあちこちに時計があると、数分ずつズレがち。気づかない内に3分、5分の遅刻にルーズな人になってしまいます。まずは自分がいつ、どんな場所で時計をよくチェックするか観察をして、そこに1つ置きましょう。きっと遅刻も減るはず。


~おまけ~
買って10年以上たつ収納グッズは、思い切って処分すべし
収納グッズは時代やライフスタイルによって変わるもの。一生ものではないし、どんどん便利に進化していくものなので、収納グッズ自体の数を減らすときは「いつ買ったか」も目安にして。


いかがでしたか? 小さな片づけや持ち物の見直しだけでも、片づけ効果は意外と大きいもの! 急がば回れ。家の中をスッキリさせるには大がかりな片づけをするよりも、小さなことから始めたほうが近道かもしれませんね。


参照:『サンキュ!』3月号「大きく整う小さな片づけ集」より一部抜粋 監修/中山真由美、撮影/キムアルム、取材・文/田谷峰子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

リビングの人気テーマ

こちらの記事もチェック!

リビングの新着記事も見てね

AND MORE

リビングの人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP