1. トップ
  2. お金
  3. お金が貯まらないのは寝室のせい!? 金運を下げる寝室5つの特徴

お金が貯まらないのは寝室のせい!? 金運を下げる寝室5つの特徴

2017/08/12【 お金 】

日本の風水の第一人者であるDr.コパによると、「寝室を整えることが金運アップの分かれ道」。あなたの寝室は、寝ている間に金運を下げてしまう「NG寝室」になっていませんか? 
5つのNGポイントをチェックしてみましょう。



NG1/家具や物が多く雑然としている
ふとんの近くに家具があると圧迫感があってゆったり眠れず、ストレスから不運がたまります。本や雑誌、子どものおもちゃなど、気持ちを引きつけられるものを置くのもNG。


NG2/ベッドやふとんが壁についていると運気が狭まる
ふとんが壁についていると、風通しが悪くなり、運気が広がりません。どうしても壁際に置く場合は、無限を表す色である白の寝具で空間を演出しましょう。


NG3/デジタル時計の目覚ましは大局を見失う
20170731_iStock-493941662 .jpg
分や秒まで数字で表示するデジタルの目覚まし時計を使っていると、「今、この瞬間」の細かなことにばかり気を取られて大局を見失ってしまいます。スマホのアラームで代用している場合も同じです。ちょっと高級な木製のアナログ時計がおすすめ。


NG4/斜めの柄は運のバランスをくずす
風水では、無地と柄を組み合わせることで運のバランスが整うと考えられています。そのため、インテリアは「無地だけ」も「柄を複数使う」もNG。6畳程度の寝室なら、無地と柄を1種類使うようにしましょう。斜めに入ったストライプ模様やチェック模様は心をザワつかせ、運のバランスを崩すので避けましょう。


NG5/枕カバーやパジャマが代用品だと幸運を逃す
幸運は体に吸収されるため、体に触れるアイテムは幸運を呼ぶのにふさわしいものを選ぶべき。タオルを枕カバー代わりにしたり、Tシャツやスウェットをパジャマ代わりにするなど、本来の用途ではないものを使うのは×。


ここで紹介したNGポイントが当てはまる人は、知らず知らずのうちに不運を呼び込んで金運を下げているかも。今日から改善して、金運アップ寝室をつくっていきましょう!

参照:『サンキュ!』9月号「“寝てる間風水”で金運が上がる!」より一部抜粋
掲載している情報は2017年7月現在のものです
監修/Dr.コパ(小林祥晃)
取材・文/スタジオ・ポット
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら

関連するキーワード

お金の人気テーマ

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP

雑誌「サンキュ!」の公式サイト「サンキュ!」がオープン。口コミサンキュ!をご覧になりたい方はコチラ!

新着記事

サンキュ!トップブロガー新着記事

INFORMATION

お知らせ一覧を見る

こちらの記事もチェック!

編集部のおすすめ記事

連載記事

動画

サンキュ!カテゴリ別人気記事

PICK UP