1. トップ
  2. お金
  3. 貯めてる人の支出・収入をまるっと公開。自動的に貯まっていくシステムとは?

貯めてる人の支出・収入をまるっと公開。自動的に貯まっていくシステムとは?

2017/05/17【 お金 】

いざ貯金にチャレンジしてみても、手間のかかる方法ではなかなか続かないもの。でも大丈夫! お金の流れをシンプルな「システム」にしてしまえば、特別に意識しなくても自然と貯まっていくんです。やりくり上手な主婦のかおりさんがが実践している方法をご紹介します!



1. シンプルなやりくりで貯めている人の家計表
まずは、1か月の家計表をチェック。給料口座からお金を下ろすのは、月1回だけ。引き落とし分とやりくり分をネット銀行に移したら、口座に残ったお金には手をつけないので、そのまま残りが貯まっていくシステムになっています。

<MONEY DATA>
夫年収(手取り) 393万円
妻年収(手取り) 54万円
夫月収(手取り) 26万5000円
妻月収(手取り) 4万5000円
夫ボーナス(年間・手取り) 75万円
月貯蓄額 12万8000円
総貯蓄額 380万円

<1か月の家計表>
・夫月収(手取り) 26万5000円
・妻月収(手取り) 4万5000円
・先取り貯蓄 11万5000円
 ※定期積み立て1万円、貯蓄型保険1万9000円、長女の大学資金3万円、年払いの学資保険1万1000円、特別出費用4万5000円
・固定費 11万2000円
 住居費 6万円
 水道・光熱費(オール電化)1万5500円
 通信費 1万2500円
 ※格安スマホ夫婦2人分で6000円、CATV+プロバイダー料金で6500円
・夫小遣い 2万円
・妻小遣い 4000円
・やりくり費 7万円
 食費 3万円
 外食費 8000円
 日用品費(おむつ代含む) 1万円
 ペット費 6000円
 その他 1万6000円
 ※ガソリン代、医療費、コスメ代などの美容費など
・残し貯め 1万3000円


2. 銀行に行かなくてもパソコンでポチッ!でぜんぶ終了
_G1I9167.jpg
ネット銀行を使えば、わざわざ銀行に行かなくても、ATMでお金を出し入れしなくても、家にいながら口座間でお金のやりとりができます。入出金の履歴もパソコン画面で確認できて便利です。(※銀行によって、さかのぼって確認できる期間に限度がある場合もあります)


3. やりくり費を7万円に固定して、残高だけを意識する!
やりくり費を7万円に固定すれば、月によって給料が上下しても、家計は乱れません。月半ばにチェックして、半分くらい残っていることを目安に、ざっくりと管理しているそうです。

4. 支払いはカードがメイン! 使ったら支払い用袋へ移し替えるだけ!
_G1I9173.jpg
スーパーでの食料品や日用品などの買い物もクレカ払いが基本。使った金額をやりくり費から取って「カード払い分」のポーチに移動。月1回のATM利用日に口座に入金します。

5. 貯蓄は細かく分けるとくずさずにすむ!
_Q9R0011.jpg
1月から12月までの年間の特別出費をリスト化したら、先取り貯蓄からそれぞれに振り分けて積み立てます。これなら、税金や保険料の支払い月が来ても、お金がなくて慌てることがありません。


いかがでしたか? 最初に「貯まるシステム」さえ作ってしまえば、あとは自然と貯まっていくのを待つのみ。まずは今の家計を把握して、無理なく、スマートに貯まる仕組みづくりを目指してみましょう。


参照:『サンキュ!』5月号「今ドキの主婦は、どシンプルな『貯めるシステム』で成功していた!」より一部抜粋 撮影/久富健太郎(SPUTNIK)、取材/村越克子
『サンキュ!』最新号の詳細はこちら!

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP