1. トップ
  2. お金
  3. 教育資金を貯めるために。親のワタシがしていること

教育資金を貯めるために。親のワタシがしていること

2017/08/04【 お金 】


娘の通帳
子どもの教育資金、みなさんはどうされていますか? かわいいわが子が将来好きな道に進めるように、親としてできること、残せるものにはどんな形があるのでしょうか。各ご家庭の教育資金の貯め方について聞きました!*月2万7,850円の貯蓄保険。大学資金870万円を貯める
image-52190-thumbnail2.png
娘の教育資金
サンキュ!トップブロガーのここゆきさんは、私立大学4年間の平均費用850万円を準備予定。学資保険のかわりに貯蓄保険に加入し、おこさんが17歳の秋に満期で600万円、さらに差額250万円をすでに定期で預けて資金を確保しています。

*積立投資信託で1 人400万円準備する
P_20160206_111134_DF-thumbnail2.jpg
Nago家の教育資金
書籍などで学んだ知識から、積立投資信託で教育資金を用意することにしたというのが、サンキュ!トップブロガーのNagomyさん。さらに児童手当も定期預金にして2本立てで手堅く考えられています。

*月5,000円を銀行へ自動積立する
IMG_7971-thumbnail2.jpg
二人目の教育資金どうする?
長男に3つの学資保険をかけているというサンキュ!ブロガーりりーさん。次男の場合は、毎月5,000円の自動積立にし、児童手当を全額貯金していく予定だそうです。

*学資保険と終身保険を活用する
image-3c07e-thumbnail2.jpg
教育資金としての保険
サンキュ!ブロガーのさださあやさんは、ライフプランナーと相談して学資保険とドル建の終身保険を教育資金として活用することに。児童手当は保険の支払いにあて、保険の支払い後は現金で残すようです。

教育資金の貯め方には、それぞれのご家庭によって、いろんな方法があるんですね。学資保険や貯蓄型保険を活用したり、目標額を設定して現金を貯めたり…。いずれにしても、いざというときのための準備は、早いに越したことはなさそうです。

(参照:口コミサンキュ!

※記事内容でご紹介しているリンク先は、削除される場合がありますので、あらかじめご了承ください。

※記事の内容は記載当時の情報であり、現在と異なる場合があります。

こちらの記事もチェック!

お金の新着記事も見てね

AND MORE

お金の人気ブログ記事

サンキュ!ブログを見る

PICK UP