もちもちチヂミパーティー

この夏、口コミサンキュ!から依頼を受けて「ポッカレモン」をモニターしています。

今回は、いろいろな味のお好み焼きを特製レモンだれで楽しもう、というレシピに挑戦。

でもよくよくレシピを見てみると、「これはお好み焼きではなくてチヂミだなあ」と思いました。

私にとってお好み焼きというのは、生地に山芋がたっぷり入って出汁の味がきいた関西風のお好み焼きなのですよね。

ということで、ここからはひたすらチヂミと呼ばせていただきます。

まずは生地に混ぜるレンコンをすりおろそうとしたら、めったに料理を手伝わない夫が「やろうか?」と。

ラッキーと思い、すかさずお願いしました。

力が弱い(というか、いかに力を入れずしてすりおろすかという謎の研究をしている)せいでやたら時間がかかっていましたが、無事にレンコン3本分のすりおろし完了。

その後、具材をいろいろ使って数種類の生地を作る…ことになっていたのですが。

買い物帰りに図書館に寄ってしまったせいで時間がなくなってしまい、「仕方がないから全部1つに混ぜてしまえー」となりました。

レンコン以外に、桜エビ、クルミ、タマネギ、ちりめんじゃこ、チーズ、ニラが入った生地の出来上がり。

そしてもう1つ用意したのが。

17-08-12-22-36-42-470_deco.jpg

ポッカレモンを使ったレモンだれ。

とても簡単に作れました。

チヂミを焼く作業は、夫が担当です。

17-08-12-22-39-22-403_deco.jpg

実はチヂミ大好きな夫、待ち切れずに焼きが甘い状態でひっくり返し始め、「まだあまり焼けてないよ」と指摘されます。

17-08-12-22-40-26-481_deco.jpg

それでも最終的には、おいしそうな焼き色がつきました。

レンコンがたっぷり入っているせいか、生地がもちもちして絶品でした。

レモンだれとの相性もばっちりでしたよ。

夫も「これいいな」とご満悦。

ニラが入っているため子どもにあげる予定はなかったのですが、娘は私の席に来てもちもちの生地の部分だけつまみ食いしていました。

息子の方は、なぜか「ギョーザ、ギョーザ!」とわめきながら部屋中を走り回り。

親達は汗をかきながらも食べることに集中。

肉や野菜も用意していたので、チヂミパーティーの後は焼肉パーティーに切り替えました。

17-08-12-22-41-38-848_deco.jpg

こちらも、レモンだれをつけて食べます(たれ、たくさん作っちゃったのですもの…)。

肉や野菜にもよく合ったので、他の料理にも応用できそうです。

料理のやる気が出にくい夏、夫も手伝ってくれるホットプレート料理は重宝しますね。

今後も、やる気のない時はホットプレートとポッカレモンに頼ることにいたします。



***この記事は編集部の依頼により書いています***
***掲載の体験談は個人の感想です***

PAGE TOP