2016/04/22 10:10

ご覧くださり、ありがとうございます☆

昨日は20℃を超えた初夏。風もなく、本当に気持ちのよい1日でした。
私もゆうくん(5カ月)を真新しいベビーカーに乗せて、2時間ほど近所の公園をハシゴしました。

途中あまりに汗ばんだので、書店へ。

しかし
書店が入っている建物にベビーカーで行くのは初めて。しかも、急なスロープと重い扉2枚という、ベビーカー初心者の私にはドキドキな関門あり。

とりあえず頑張ってスロープを登る。
そして、1枚目の扉をよいしょ。そこで、後ろに誰かがいることに気がつく。
「あっ、急がなくちゃ!」
ところが思うように扉が開いていてくれない( ̄◇ ̄;)でも急がなくちゃ、後ろの方に迷惑をかけちゃう!

その時、扉がすっと軽くなった。
?と振り返ると、後ろにいた女性の方が扉を大きく開いて「どうぞ、入って^_^」とにこり。
ありがとうございますとお礼をし、急いでベビーカーを下手くそに押しながら入り、残る1枚の扉に手を伸ばそうとしたら、

60代くらいの男性の方がニコニコ笑顔で、もうすでに扉を開けて待っていて下さっていた。

立て続けの見知らぬ方々のご親切に、胸がいっぱいになり破裂しそうになった私。

ゆうくんが生まれてから、今まで気づかなかった優しさに触れることが多くなった。
そして、今まで涙しなかったことにやたらと涙するようになった。

お母さんになってよかった。

優しさをもっともっと知ることができるようになったし、
今まで知らなかった自分も発見できるようになった。



ひゅうがなつ☆さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/04/20 15:34

ご覧くださり、ありがとうございますm(__)m

スーパーに行くと、本当に色々な缶詰を見かけるようになりました。
日持ちしますし、とても重宝しますよね。
私の家庭では、シーチキンとすき焼き缶(父の好物)ぐらいしか買っていませんでしたが、夫と結婚してから、色々な缶詰たちと出会いました。

その中でも、赤い糸で結ばれていたと思うのが、鯖缶。(鯖味噌ではないほう)

鯖缶の汎用性の高さには、ホントに驚きます(^ω^)
しかも鯖は体によい!魚が高くて、ちょっと手が出ない・・・という時にもお世話になります。
最近値上げしてしまったのが残念でなりませんが、5%引きの日に箱買いしています。

手元に写真がなく、掲載できないのですが、我が家の鯖缶アレンジレシピをご紹介します。(かなりアバウトです)

○鯖カレー(2人前くらい)
●鯖缶1缶を汁ごとフライパンに入れる。
●そこに、ミックスベジタブル(ミックスビーンズでも美味しい)、カレーパウダー、すりおろし生姜とニンニク、ケチャップ、お砂糖を適量入れて、火にかけて混ぜる。(鯖を砕く感じで)
●ご飯にかけて、完成。

○鯖の炊き込みご飯(2合分)
●炊飯器の釜に、洗ったお米と、鯖缶1缶を汁ごと入れる。
●続いて、酒大さじ2ぐらい、刻み生姜適量、白だし大さじ3ぐらいを入れ、メモリまで水を入れる。
●刻んだ油揚げを入れる。
●普通の炊飯モードで炊く。
●炊き上がったら、ネギを散らすと綺麗。

ちなみに、この炊き込みご飯はお茶漬けでも楽しめます。
鰹節でとっただし汁に、お塩少々とお醤油少々を加え、炊き込みご飯にかけます。わさびを薬味としてつけてもgoodです☆


ぜひ、お試しくださいo(^▽^)o

「へーっ」と思われた方、ポチッとサンキュを押して下さるなら励みになりますm(__)m
最後まで読んで下さり、どうもありがとうございます☆









ひゅうがなつ☆さんのファンになる
この記事をみんなに教える
2016/04/19 09:25

ご覧下さり、ありがとうございます☆

久しぶりに、夫とちょっとすれ違い。

昨日の夜、夫が帰宅した時に交わした会話がきっかけで噴出してしまった私の感情。

夫は基本的に優しく、穏やかで理性的なのですが、男女差では片付けられない独特な思考回路あり。
気持ちに余裕のある時はサラッと流せるのですが、昨日の私はいっぱいいっぱいだったんですね。流せませんでした(T . T)
そこに相まって、お弁当のメインディッシュ(大したものではないものですが)をまるまる残してきた夫。
「何かと忙しかった」と言ったかと思いきや「お腹がちょっと重くて」と理由が変わった。

最近その理由で、お弁当をかなり残してくる夫。

決して威張れるような内容のお弁当を作っているわけではないけれど、ゆうくんの夜泣きで寝不足の体に 鞭打って早起きして作っているんだよーという思いが湧いてきて、私の中で何かがブチっと切れてしまった。

私は怒ってしまうと、無言になってしまう。話す気力がもうなくなってしまうんです。

今朝もあまり気持ちよく見送ってあげられなかったな。

ごめんね、仕事で疲れて帰ってきて、家では楽しく過ごして、また明日から頑張ろうって思っていたはずなんだろうけど。
でも、泣きべそ甘えっ子のゆうくんとずーっと過ごしているママの気持ちにも、ちょっとだけ気遣いが欲しかったなー。

今晩は気持ちよく「お帰り!」って言えるように、今日1日を過ごそうと思います^_^



先日、夕飯のお肉を袋に入れて揉んでいたら、ゆうくんもお手伝いしてくれました(笑)
image.jpeg



ひゅうがなつ☆さんのファンになる
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ