2018/10/11 20:00
こんにちは*

ロシア帰りの主婦みふぁです(´▽`)

私と夫は大学時代の同級生で、
基本的にしょーもないことで笑い合う
恋人というよりも友人色が強い関係です。

そんな夫とも妊娠中の頃からささいなきっかけで
ぶつかることがよくあったんですが
私自身どうしてこんなに夫に対して
つっかかっているのかよく分かっておらず...

育児でうまくいかないもどかしさと、
頑張ってくれいてる夫への理不尽な自分の対応とで
自己嫌悪に陥る毎日でした。

それがつい最近、この本に出会って
自分の中のわだかまりが少しほどけたような気がしていたす。

IMG_1076.PNG

『ふたりは同時に親になる 産後の「ずれ」の処方箋』

狩野さやか著

ささいなことが積み重なりすぎて、
「何にイライラしてるのか?」と聞かれても
その時にはうまく言葉にできなくなってしまった部分が、
妻の立場・夫の立場それぞれに立って言語化されています。


夫目線から書かれている部分では、
ピリピリした家での居辛さだとか、その昇華方法だとか、
男性的にはどうやって落としどころを模索しているのか
というのも知ることができたし、

妻目線の部分では、
なぜこんなにも産後に不安定な状況になるのか、

どうして夫に対して理不尽なまでの感情が湧くのかが
丁寧に書かれていて、自分ひとりでは気づかなかった原因にハッとすると同時に

その感情があっておかしくない状況だという言葉で
自己嫌悪から救われた気がしました◎


2017年12月に出版された本ですが、
もっとはやく出会いたかった…!!


ちなみにリビングに置いてたら
私が実家に帰省してる間に夫も読んだようで、
こんな状態になっていました。笑



B8541F70-3AE4-4DCF-B931-5AB0FF17594B.jpeg
ふせんの量!笑

しかも半分も読んでないのにこの量なので、
夫目線でも得るものがあったんだなと思います。

残り半分もしっかり読み終えてもらいます。笑


その影響か、東京へ戻ってきた日も前日になって
突然「飛行機この便だよね?迎えにいく!」と
連絡が入ったほどです( ̄▽ ̄)

単純といえば単純な夫ですが笑、
こうして行動に移そうとしてくれている姿を見ただけでも
心なし夫に対して凝り固まった気持ちがほぐれました*

また更新します♪
みふぁさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(0)