2018/10/10 16:15
こんにちは





「ママー! ママは自分が何者か知ってる?」


長男の質問に思わず笑ってしまった。

まさかこんなにも早くこの言葉をきくことになるとは


私が息子に言った言葉は

「ママも未だに自分が何者かわからん」


「えー ママも分からないんだ」


「ママも知らないことばっかりだよ」

  

そして息子は

「自分が何者か分かるようになりたい!」

とな。


息子には「そうだね〜」と言ったけれど

自分ってなんでしょうね。


私なりの答えは

「何者でもないし、何者にでもなれる」 かな。


要は自分の思い込み次第というところじゃないでしょうか。


確かに、世の中にはすごい才能を持った人

カリスマ性がある人など

多彩な才能を発揮し、一目置かれる者が存在します。



私はこれまで「自分には何もない」と

思って生きてきたタイプなので

自分探しをしたところで

どうしても誰かと比較してしまい

マイナスな感情を自分の中に生み蓄積してきました。


でも何故か、考え方は割とポジティブ 笑



そして、思うのは

多彩な才能・カリスマ性などは

すべて人との比較の中で生まれるものだと思うんです。


もし、この世の中に一人きりであったなら・・

誰かと比べることもなく

他人との違いに気付くこともない。

自分以外存在しなければ比較対象すらないですから



ということは、これは一生ついて回る問題なわけです。

周りは比較対象だらけだからね



でも一人として同じ人間はいないわけで

違いは個性ですから

比較したところでなんの生産性もないんだけどね〜

これがなかなか難しい。



きっと生まれた瞬間から比較は始まっていて

(本人はまだ気付いていないが)

赤ちゃん時代は成長の速さ

就学するようになれば

勉強の出来、体力、運動の出来

テストの点数、順位、偏差値etc...


こんな風に子供の頃から競争社会や比較の中で生きているので

もはやこれは私たちの中に植え付けられている

仕方のないことです。


この割りに、皆と同じように〜迷惑を掛けないように〜

という教育を小さなころから受け

少なくとも日本ではそれが美徳とされているよね。

もちろん、これはいい事でもあるんだけど

物事は何でも両面ありますから

難しい社会やな とも思います。



そんな価値観の中で生きているのだから

自分と他者を比べてしまうのはごく自然なわけで。



様々な人が存在し

その中で「自分は何者なのか?」と考えたくなるのは当たり前のことだな〜と。



中には作り上げられた人気やカリスマもあるだろうし

人目に触れないだけでものすごい才能を持った人

大衆に好まれる才能ではない場合など

目に見えるものがすべてとも限らない。


誰かにとってはスターだったり

神的な存在であっても

他の誰かにとっては "ただの人” だったり。

その逆も然り



結局は

その人にとっての価値ある存在だったり

特別にしたい存在である

ということだけではないのか。




だから「自分とは何者でもないし、何者にでもなれる」と

私は思うのです。



もっと言ってしまえば

自分が何者かを知る必要はあるのか...


分らなくてもこうして実在していますし

この先も生きてはいけます。

それでも考えてしまうのが性なんでしょうかね。



自分の置かれている立場を考えつつ

自分の存在意義よりも

自分の思考や求めるものをよく知ること

こちらの方が大切な気がします。



よく、人は人。自分は自分。

私もそう思う(ようにしている)けれど

自分軸でマイペースに生きていくってそう簡単なことではありません。





というのが、今の私の考え

息子達はどんな考えや答えを見つけるのでしょうか。


E1AB9164-9F31-4249-ACE8-2866D7541A42.jpeg




ここまで読んでくださりありがとうございました*⋆

IDUMIさんのファンになる
この記事がいいと思ったらクリック!
この記事をみんなに教える
  • ごはん
  • おうち
  • ハンドメイド
  • やりくり&懸賞
  • 健康&ダイエット
  • ビューティー&ファッション
  • おでかけ
  • お買いもの
  • 子育て&家族の話
  • あれこれ
コメント(2)
おはようございます(*^-^*)
お久しぶりです。

いえいえ覚えておりますよ〜
以前のコメントでも同じように褒めていただいた気がします。
いつもありがとうございます(*^^*)

心に浮かんだまま書くので文章がおかしいこともしばしば...
自分の言いたいことが、そのまま読んでいただく方に伝わっているかといえば、必ずしもそうでないとも思います。

私の書いたものを読み取る姿勢で見ていただけているからこそ小豆さんにそう思っていただけるのではと思っています。
なので私はとても嬉しいんです(*^^*)

息子達が大人になって聞く言葉
今から楽しみです。

小豆さんの人生も幸せで溢れますように⋆*
ありがとうございました(^^♪
こんばんは♪
お久しぶりなコメントです。
覚えておられなくても全然大丈夫ですので
お気になさらずにいてください^^

深い話だなぁと。。

また、ご自身のお気持ちを
言葉に表すのがとても上手だなと感じました。

私にはできないことだな、と。

↑これもまた、比較ですね(笑)


息子さんがこの先、どのような答えにたどり着くのか
たのしみですね^^

幸せな人生でありますように。